パーティホストの心得

心得というとちょっと堅苦しいかもしれませんが、イギリスで10年ケータリングビジネスもしてきた私の視点で、自らリラックスして楽しんでみんなに喜ばれるおもてなしのアイデアをご紹介します。

 

●心得1 準備

当日はもちろん、前日も含めて心に余裕を持って準備したいですね。できればタイムテーブルなどを作り明確にしておくと安心。お料理の準備やテーブルコーディネートなど前日できるものは準備しておくと当日が更にラクになって楽しくなります。

 

●心得2 服装

イギリスでは自宅で行うパーティでもドレスとタキシードなんていう「ドレスコード」もありますが、こちらでご紹介するのはおうちで楽しむパーティです。気合を入れすぎず、でも清潔感のあってどこか華のあるスタイルが好ましいでしょう。パーティのコンセプトを考えると洋服も選びやすいですね。せっかくのパーティですから思い切って華やかにお客様をお迎えしましょう。

 

●心得3 お迎え

玄関にお花などを置いてお出迎えは気持ちをアップしてくれるでしょう。ですが、香りは好みもあるのでさりげなく香るぐらいがいいですね。ランチパーティではお花の自然な香り程度にしますが、夜のパーティでは香りのあるキャンドルをよく使います。そのときは誰もが好感をもっていただきやすいフルーツ系がお勧めです。まずはキッチンから離れてお料理のことはいったん忘れ、お迎えしたらウエルカムドリンクとおつまみで乾杯。ゲストをお迎えする気持ちを最大限に表現しましょう。そのあとなごやかに場作りができたらお料理の仕上げに入りましょう。

 

●心得4 会話

会話に制限があるわけではありませんが、一般的にいわれている宗教や政治の話はタブーとされます。会話が途切れるほどドキドキする瞬間はありませんよね。そんなときにスマートに話題を提供できる人こそ本当のおもてなし上手といえるのではないでしょうか。とにかく日ごろの情報収集は必須。そしてゲストのみなさんみんなが会話に参加できるように、会話に入れていないゲストがいたら、自然に話の流れをそのゲストに向けるというのもホストの役割です。会話に参加しているか、飲み物は足りているかなどいつも目くばり、心くばりができるといいですね。

 

●心得5 お見送り

楽しかったパーティの終わり。こちらではコーヒーや紅茶を出すとパーティの終わりが近いことを示すサイン。玄関に行ったら忘れ物はないかを確認し(特に携帯電話、冬なら手袋マフラーなどの小物類)お見送りします。来てくださった事を言葉でしっかり伝えて、もしお土産を頂いていたらそのお礼の言葉も添えて。例えばお花をもらったときは「綺麗なお花をありがとう。ヒヤシンスを見ると春を思い出してこの時期一番好きなお花なの。いい香りですね。」など頂いたものに自分の気持ちを加えたお礼は、ゲストもプレゼントしてよかった。と嬉しい気持ちでお帰りになられることでしょう。

 

 

 

パーティテーブルセッティング写真