パーティで喜ばれるお料理

●オードブル・カナッペの鉄則

見た目も華やかなパーティに欠かせないといったら、この手で気軽につまめるオードブルやカナッペ。欧米ではホームパーティでもウエルカムドリンクとして、スパークリングワインで乾杯してグラス片手におつまみを食べます。このときに登場するのがオードブルやカナッペ。グラスを持ちながらなのでつまみやすいのはもちろんですが、お酒に良く合うかどうかも大事なポイントになります。ゲストが到着する前に準備しておきたいので、時間がたつと水気が出やすい食材や水気を多く含むものは避けるのが好ましいでしょう。オードブルやカナッペは、作り方は簡単なものが多いですが小さく繊細に作るため、予想以上に時間がかかりますので余裕を持って時間配分も考えましょう。

 

●アレルギー・ベジタリアン・お酒の飲めない方への配慮

欧米ではベジタリアンの方が多く、私の経験したケータリングパーティでも10人に1~2人の割合でいらっしゃいました。アレルギーの方は日本にもいらっしゃいますよね。そしてアレルギーではないけれど、食べられない食材があるのはよくあることです。せっかくのパーティ。おいしく皆さんに作ったお料理を食べていただきたい。やはり事前に一言「食べられないものはありますか?」と聞いておくとスマートです。そしてお酒が飲めない方のためにも、色も味も綺麗なノンアルコールのカクテルなども考えておくとゲストもサプライズで喜ぶはすです。

 

●味の濃さ、辛さなどにご注意を 

味覚は人によってかなり違います。外食が美味しく感じるひとつの理由は塩気が濃いからともいわれます。でもパーティはレストランではないので、健康に良いお料理を提供したいですよね。人それぞれ良いと感じる塩気が違うので味付けはとても難しいところ。ただ濃いものは薄くしにくいのです。ですから薄いものは塩や醤油をご自分でプラスしていただけることを念頭に作りましょう。そしてスパイスも外国風のおしゃれな味付けにはなりますが好みが別れます。使う量を考えてお料理の味にアクセントを加える程度に心がけて使いましょう。辛すぎるお料理はパーティには不向きですが、もしどうしてもというときはマイルドなものと辛いもので分けて2種類作っておくこともお勧めします。