インテリア

イギリスで人気のインテリア「シャビーシック」の魅力

イギリスで人気のインテリア「シャビーシック」の魅力

 

みなさんはどんなおうち空間が好きですか?

 

ナチュラル、モダン、クラシカルなど、自分の好みはあるけれど、それを家の中で統一するって難しいですよね。

 

私は4年前に引越しをしましたが、前に住んでいた家はビクトリアン時代の古いアンティークの家でしたが、その反動で(笑)今は新築に引越して今年で4年目になります。

 

まず、困ったのが家具です。
ビクトリアンの家だったときは家の中もアンティークな家具に囲まれ、エレガントな空間での生活でした。
そして引っ越した家は、モダンな家。家具が全く調和せず、家具を買い揃えることからスタート。

 

でもモダンな家具はアンティークよりも手ごろな値段で買えるし、売っているお店も多く、幅が広がり、取り急ぎなんとなく調和が取れました。(笑)

 

住めば都で新しい家も最初は味気ないと思っていましたが、少しずつ自分色に染まって心地よく感じられるようになりました。

 

もちろんたまに買ってみた小物が残念賞だったこともありました。
やっぱり時間はかかりますね。
少しずつ間違えながら(笑)自分空間にしていくというのは道のりは長いですが楽しいものです。

 

昨日は時間が出来たのでふと、前に住んでいた家の近くにあったインテリアのお店に車を走らせ行きました。

 

こちらのお店のコンセプトはVintage (ビンテージ)and shabby chic (シャビーシック)。このイメージに合う小物や家具が宝箱のようにぎっしりなのです。

 

前に住んでいた家の近くにあったインテリアのお店

 

シャビーシックという言葉はこちらではよく聞きなれた言葉なのですが辞書で引くと
Shabbyとはみすぼらしい、chicは上品さ、あか抜けたなどの意味があるので、それをあわせた感じです。

 

ん???

 

ん???

 

で、、

 

一体どういう意味ですか?

 

という声が聞こえて来ました。(笑)

 

使い古された、でもエレガントで品があるみたいな・・・

 

まさに入り口から、そんな雰囲気が出ているな~と思います。
クリスマスツリーや建物、そして他の小物も全てが調和した、エレガントさは感じるけれどなんとなく古めかしい。

 

使い古された、でもエレガントで品がある

 

みなさんの思い描く貴族の世界のイギリスも素敵ですが、じつはこのシャビーシックというのも人気のインテリアのスタイルです。

 

シャビーシック

 

無造作に置かれたトピアリーはエレガントですが、手前の柵はいったいなに?見たいな。(笑)
でも、なんとなく全てが心地よい空間になっているのが分かると思います。

 

 

最近イギリスで見かける造花がよく出来ているな~と思うのです。
一昔前とはぜんぜん違い、触らないと本物か分からない!

 

家の中のメインのところには大きなお花をいつも置いておきたいのですが、毎回買うには高すぎる。
良いものは確かに造花でも目が飛び出るほどのお値段はするのですが、
ちゃんとほこりがたまらないように日々ケアしてあげれば半永久的!

 

とくにこちらではアジサイが人気で、生花や造花共によく見かけます。
アジサイの生花は時期にもよりますが5ポンド前後します。
そして造花もそれ以上に高い!(笑)
ですが、花びらや葉っぱの感じとか、色合いで本物感を出しやすいせいか、区別がつきにくいので、高くてもちょっと納得です。

 

これはバラが中央に置かれてますが、良く出来ていました。
イギリスと言えばローズ!(笑)こんなに豪快にあったらいいですね。

 

このグリーンの葉っぱは本物です。
置かれているものはばらばらですがそのアンバランスさがなぜかきちんとしすぎていなくて居心地が良い。これが理想です。(笑)

 

きちんとしすぎていなくて居心地が良い

 

 

そしてこちらのコーナーはやや最近の感じのものがおかれていました。
このぐらいのものは私の住むモダンな家でも置けるものがあるかも!
と、じーっと宝探ししました。

 

じーっと宝探し

 

このお店はアンティークも扱っていますがお値段もなかなか手ごろで手入れ次第ではかなりよいものが買えそうです。今の家にはマッチしないので見るだけ。(笑)
銀製品は大好きなのですが、やはりお手入れが必要。でもお手入れしたあとはやっぱり嬉しい。
でも、あるお屋敷では銀磨き専門の人がいらっしゃっていつも磨いてらっしゃると伺ったことがあります。なるほど。。。銀製品はそういう人が使うのよね。と妙に納得した記憶が。

 

アンティークも扱っています

 

私が今一番一番恋しいもの。
それはシャンデリアです。

 

我が家は全てスポットライトのモダンな照明なので、空間は広く見えますが、すっきりしすぎて、じつは無機質な空間に思えたこともあります。
やっぱり明かりがガラスや布越しに光が家の中に広がるってすごくいいものです。

 

シャンデリア

 

またこの日も幾つかのヒントをもらって(笑)アジサイの造花を買って帰りました。
お店に行くとインテリアや小物の配置、色の合わせ方など自分の固定観念を超えたアイデアに出会えます!時間があったらぜひ足を運んで刺激をいつも受けているとセンスも磨かれるのではないでしょうか♪

 

 

そうめんとじゃこの和風バターだし炒め

 

レシピブログ連載【すぐできる!エリオットゆかりのラクうま麺レシピ】更新しました。
詳しい作り方はレシピブログ連載にてご覧ください☆
ここをクリックするとレシピをご覧いただけます☆
↓ ↓ ↓
すぐできる!そうめんとじゃこの和風バターだし炒め

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【お知らせ】今年最後のお料理教室 12月「お正月にぴったりの華やか和食」

お料理を楽しみながら、お祝い気分も楽しみたい!そんなみなさんとお正月に美味しく食べられる華やかな和食を作って、今年最後のお料理教室を締めくくりたいと思います。

お忙しい時期ではありますがぜひご都合をつけてご参加ください~♪

 


■日時 12月9日(金曜日) 11時~15時半

 

■当日のレクチャー

 

イギリスで簡単に手に入る和食に使える食材をご紹介いたします。

 

■メニュー

 

・海老とアボカドのフライドオニオン巻き寿司

 

海老とアボカドを裏巻きします。そして衣につけるのはフライドオニオン!これは最近人気の寿司バーで食べたものですが、和洋がちょうどよくマッチしてとっても美味しかったのでご紹介します。

 

・サツマイモと栗とくるみのきんとん

 

こちらのサツマイモは色も鮮やかで甘みがあって、このままマッシュしても美味しいですね。そこに栗とくるみを加えました。食材の自然な甘味の美味しさを味わいましょう。

 

・鮭の生姜みそ焼き

 

鮭を上品な大きさに切って、生姜入り味噌で漬け込みます。グリルで焼けばあっという間に完成です。ご飯にもお酒にも良く合う日常にも活用していただけるお魚レシピです。

 

・かぶとニンジンのなます

 

大根の代わりに蕪を使い彩り鮮やかに仕上げたなますです。やさしい甘酸っぱさが魅力の一品。グレープフルーツを加えたフルーティーな味が特徴です。

 

・海老入り雑煮

 

こちらの殻付きのえびで出汁を取ります。お餅だけは日系スーパーで購入しますが、ご自宅でも作っていただけるようにお一人様お餅2個のお土産を準備します。ほうれん草と海老で上品な一品。これでお正月気分は更に盛り上がることでしょう。(笑)

 


■【テーブルコーディネート】は和風な雰囲気でご準備してお待ちしています。

 


■ 場所
自宅 London waterloo&Victoriaから約30分またはLondon Bridgeより約40分(詳細はお申込みされた方に案内しています)

 

■レッスン費 £50 (お茶、お菓子付き。)
※料理レシピはお渡ししています。
※レッスン後、ダイニングテーブルに移動して試食を兼ねたランチを召し上がって頂きます。基本的にお持ち帰りはご用意していません。
※大変申し訳ありませんが、お子様連れはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

 

■持ち物
エプロン・スリッパ・筆記用具・必要な方はカメラ

 

詳しい問い合わせ、お申し込みはこちらです。
↓ ↓ ↓
yukarishappykitchen@gmail.com

 

●お申込みメールを頂いてから48時間以内に返信させていただきます。

 

もし、返信のない場合は何らかのトラブルの可能性がありますので、恐れ入りますが再度ご連絡ください。

 

●場合によってはレッスン時に入手できない食材があり、やむなく変更する場合がありますので予めご了承ください。

 

<キャンセルポリシー>

 

※レッスンの3日前までのキャンセルは無料です。2日前と前日までのキャンセルは半額の£25、当日のキャンセルは全額£50になります。大変心苦しいお願いですが、どうぞよろしくご理解くださいますようお願いします。

 

参加してよかった~☆と思っていただけるように心をこめて準備していますので沢山のご参加お待ちしております☆

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

■【募集】11月のクリスマスのローストチキン、ローストビーフのお料理教室♪
すでにお申し込みを下さったみなさま、本当にありがとうございます☆
イギリスの食事情などを含めてクリスマスのイギリス的な過ごし方のお話もさせていただきますね☆ローストビーフはガストロパブのシェフに教えていただいた特製サーロインローストビーフを作ります☆柔らかくて美味しい^^
ご興味のある方はこちらで詳細ご覧くださいね♪
ここをクリックすると詳細ご覧いただけます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【募集♪♪♪】11月のお料理教室「イギリス流 クリスマス料理」

 

■【SEKAI STORY連載】 もぜひご覧ください^^
↓ ↓ ↓
【SEKAI STORY連載】 お姫様気分でアフタヌーンティー@広尾

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日はガーデニングがんばりました!
腰がいたたた・・・(笑)
いつも姿勢には気をつけているのですが、姿勢を良くしてガーデニングって難しい。(苦笑)
土を触ると心癒されますね!

 

土を触ると心癒されますね!

 

楽しい週末をお過ごしください☆

 

 

エリオットゆかりAmebaオフィシャルブログ : 【イギリスで人気のインテリア「シャビーシック」の魅力】