イギリス

澄んだ空気の中で

2週間続けて、ウィーンワルシャワに行っていたので、イギリスらしい空気が吸いたくなってお散歩へ。

イギリスは散歩やウォーキングが趣味という方がかなり多く、そうした方のためのガイドブックやウェブサイトも充実しています。

今回もフリーダウンロードできる好きなサイトがあるのですが、その新しいコースに挑戦!

スタート地点ですでに絵画のような景色に出会えて、ワクワクのスタートです。

この時期は赤ちゃんが生まれる時期。
でも子羊はまだ見かけませんでした。
良くよく羊のお腹を見ると結構大きくなってて、もしかしたらお腹の中に赤ちゃんがいるのかもしれません。

春の色彩!

ピンクと黄色!

ああ〜〜なんかウキウキしてきました。

個性豊かなお家もまるで童話の世界です。

まだ肌寒いのでコートを着せられた馬たち。

実は、この3匹はとっても懐っこくて、私の後ろをかなりの距離付いてきたのです。(苦笑)ちょっと途中怖くなっちゃったのですが、慌てたらいけないので、ゆっくり普通に歩くのもドキドキしちゃいました。

イギリスにはfootpathというのがあるので、個人の農場でも人が通れるように公共に解放されている場所が多いのでこうした動物との触れ合いも珍しくありません^^;

突如として現れた洞窟のようなところに木のドア。

ここをくぐるとどこへ行けるの?とハリーポッターの作者JKローリングさんのように小説を考えてしまった私です。
想像力をかきたててくれました。

歩いていると私の大好きなお花が可憐に咲いていました。

ちょっと俯き加減で可愛さがあって大好き。

そして綺麗〜〜と思わず言葉にしてしまいました。

長めのよい高台にきて爽快感!

ローズマリーのお花もいっぱい咲いていました。

ピンク色の傘〜〜!って感じ?!

昔から人々はこんな感じで散歩をしていたんですね。

その時代に思いを馳せてて想像しながらのお散歩も楽しい。

今も100年以上前の写真と比べても全く変わってない!

緑も多くて空気が本当に綺麗です。

この時期はところどころに綺麗なお花が咲いていて春を感じます。

お散歩中は本当に自然と一体になっている気がして、こうした時間は心の中のお掃除もしてくれる。そんな気がします。

また時間を見つけて新しいコースにチャレンジしたいです🌟