旅行

オーストリア名物料理ターフェルシュピッツ

ウィーンの旅の最終日の夜は英語のガイドブックに載っていたボイルドビーフのお店に行ってきました。

その前にまずは食前酒?!でカンパイのために美味しいワインバーへ。

ウィーンは喫煙の所も多く、煙が苦手なので禁煙のお店を探すのにちょっと苦労しました。

そんな中、おしゃれなお店を発見!

来ているお客様を観察してみると、みんなタバコ吸ってない!っていうことで入りました。

ロゼのスパークリングワインを勧められたので飲んでみました。

うん!好み🌟

ボトルを空けて(笑)ほろ酔い気分でいよいよ伝統料理を食しに出発!

このお店は人気のお店なので、予約もなかなか取れないそうですが、朝、開店前にお店に伺ってなんとか予約を取りました。

Plachutta

開店前から門を叩いて予約。我ながら勢いを感じた瞬間です。あはは。

予約ができたと言っても、夜の9時半。夜ご飯にしてはちょっと遅かったのですが、その前にお酒も飲んで楽しい夜になりました。

とにかく!牛肉メイン!(笑)

牛の部位を選びます。

私は上から2番目のこのお店のオススメのものを頼みました。

まずはパン!

こんなに美味しそうで、食べたい衝動。でもお肉がメイン。我慢我慢。

と言っても9時半過ぎているのでお腹すいた〜〜〜><

運ばれてきた野菜と一緒に煮込んだ牛肉。

旨みがしっかり効いたコンソメ風のスープをいただきました。

上品な味わいのスープです。

そしていよいよメイン!

ウィーンと聞くとどうしてもシュニッツェルを思い浮かべてしまったのですが、その他の郷土料理もすごく味わい深いです。

おそらくサーロイン肉と思われる部位なのですが、盛り付けて頂いていよいよいただきます!

一緒に添えられているのはほうれん草のピューレ、そしてじゃがいもなのですが、所々カリカリになっているポテトが入っていて絶品!

また食べたい!

お肉よりむしろこのポテトに惚れてしまった私です。(笑)

ソースも添えて食べます。

ちょっとお部屋が暗かったのでお写真がうまく撮れずごめんなさい><

お化粧室へ向かう途中には著名人のお写真がいっぱい〜〜〜!

それだけ人気を誇るお店なのでしょう。

とっても美味しく楽しい夜になりました!

ロマンティックな景色に酔いしれ・・・

最終日はシシィミュージアムや、今度は戦争関係のガイドツアーに参加。

学びながら美味しいものをいただき充実の1日になりました。

翌日は無事イギリスに戻りました。

戻った日はパブに行ってイギリスの良さも改めて感じ、ホッとしている自分はすでにイギリス人かも!って思いました。

パブでは美味しい前菜。

イカのフリッターをオーダー!

ちょっとタイっぽい?!

メインはやっぱりサンデーロースト!

私はポークをチョイス。

この組み合わせはやっぱり好きだな〜!(笑)

これからも世界の美味しいものをいっぱい食べたいな〜とこの度を締めくくります!

ウィーンにはまたゆっくり時間の余裕を持って旅したいな。