日本

ウェッジウッドのシークレット ガーデン へ

東京にウェッジウッドのシークレットガーデンが突如現れました。(笑)

開催中にお知らせをできたらよかったのですが、私も一時帰国中で仕事で毎日朝早く出かけ夜遅く帰る生活だったので、ご報告が今日になってしまいました。

時間差になりますが、進化している素敵なウェッジウッドをぜひ見ていただきたいと思い記事にします!

 

この前伺ったチェルシーフラワーショー2018「ザ・ウェッジウッドガーデン」

素敵なお庭が展開していました。

そんな興奮も冷めやらぬ6月に伊勢丹新宿店にて素晴らしいポップアップショップがオープンされていました。

今回はウェッジウッドの芦田さんがご案内してくださいました。

今回のシークレット ガーデンのコンセプト(ウェブサイトより抜粋させていただきました。)

「心地よいグリーン、お気に入りの茶器や紅茶、 大好きなインテリア、があれば毎日が ”最高の家時間”に。ウェッジウッドから、毎日をより豊かにするご提案です。ここでしか出会えない数量限定のアイテムに、トークショーやワークショップなどの イベントを加え、何度も訪れたくなる空間 “シークレット ガーデン”が 期間限定で誕生します。」

 

おなじみイギリスの著名な陶磁器デザイナーのスージークーパー。

チャーミングですね。

品のあるまとまり感はさすがスージークーパー。

ここで落ち着いたティータイムを楽しめそうです。

 

今回はちょっとカジュアルなマグカップコレクションもありました。

イギリスでも日常紅茶を飲むなら断然マグカップが多いのです。

メドウフラワー ケーキセット。

ウェッジウッドミュージアム保管の「イギリスの野花」を基にデザインされたそうです。

とても美しい色合いで全色揃えたい気持ちになってしまいました。(笑)

定番の永遠の愛されデザインのワイルドストロベリー。

「こちらはの新作の「ワイルド ストロベリー カジュアル」。

金彩の代わりにピンクとグリーンのカラーラインが可愛いですね。

バーリントンポット × 西畠清順セレクトのグリーンも会場を華やかにしてらっしゃいました。

“ウェッジウッド バーリントンポット”と“ブルーペブル”

不思議な植物がいっぱいコラボレーションしていました。

職人さんが2色のジャスパークレイを適量の配分で重ね入れ、混ぜ合わせられて完成するそうです。

そのために同じものは無く世界に一つだけのポットだそうです。

確かに確かに!

どのポットも個性的。

好みのものを探し出すのも楽しいですね。

中でも可愛いハートの葉っぱの「ホヤケリー」に一目惚れ〜!

葉っぱは多肉質なので食べちゃいたいぐらい美味しそう。(笑)

香りも充実の展開。

イギリスでも生活の中の香はとても大切に考えられています。

英国のインテリアデザイナー、リー・ブルームとのコラボレーション作品で世界の中で限定数が限られているのです。

高価すぎて手に届きそうになかった。(笑)

私は近くで見られるだけで幸せ〜〜🎵

第二会場の伊勢丹新宿店 本館5階=キッチンダイニング / 洋食器に場所を移します。

こちらでひときわ目を引いたのは本当に美味しい紅茶体験ができる「Tea Bar」

好きな器を選んで飲むことができました!

選ぶ楽しさは女性ならときめいてしまいますね。(笑)

私が選んだのは3番のイングリッシュブレックファーストティー。

スイーツとのコラボレーションはゆずのカナッペ。

ニューサマーオレンジフレーバーオイルをかけたものだそうです。

オイルは数種類ありましたが、とっても爽やかで美味しい。

オイルとフルーツを組み合わせる斬新なアイデアで生まれたオイルは香り高くて気に入りました。

芦田さんのおかげでウェッジウッドの魅力を存分に感じて、楽しい見学になりました!

紅茶で乾杯でした^^

本当にありがとうございました!

夏の送料無料キャンペーン実施中 ~7月末までだそうです。

素敵なウェブサイトをぜひご覧ください〜〜🎵

↓   ↓   ↓

ウェッジウッド公式ホームページ