インテリア

ロンドンチェルシーフラワーショーで花満開

関連記事はこちらです。

ロンドンチェルシーフラワーショーで花時間

 

チェルシーフラワーショー2018「ザ・ウェッジウッドガーデン」へ

 

美しいお花のイベント!

見ているとそれだけで心癒されます。

信じられないほどのお花が大集合!

 

パピリオンと呼ばれる場所にはいろいろな種類のお花がとても素敵にディスプレイされていました。イギリス風エレガントな演出もたくさんあって、気分はまさにプリンセス。

 

バラの香りに包まれて至福の時間です。

よく見ると形も様々。

香りも違うんです。

個性豊かなバラのように自分もなりたいです。(笑)

チューリップもこんなにいろいろあるの?

と驚かされました。

来場者の皆さまも同じような感想を言葉にされていたぐらいすごいんです。

チューリップも最近はフリルのような可愛い花弁や模様入りのものがあっておしゃれなお花になりました。

イギリスといえば馬との関わりも深く、ディスプレイにもそんな雰囲気が反映していました。

お花を運ぶ馬が藁でできていてとてもほっこりした空間。

世界の盆栽!

誇らしい気持ちで眺めました。

こうして白い背景に置いてあると形がとても良く見えます。

日本の美しさは世界に広がっています。

こちらのブースも日本のお花を集めてらっしゃいました。

経営者は日本人ではないのでまたまたびっくり。(笑)

 

 

水に浮かべた可憐なお花が涼しげで日本チックです。

豪華な孔雀の羽をお花でイメージ。

なるほどな〜〜とこの発想に関心しきり。

睡蓮も家の庭にあったらいいな〜と眺めてました。

カラフルに並べられたお花たちはとてもお行儀が良い。(笑)

ゆりのブースもいい香りでした!

そしてこんなにいろいろな色があるなんて!と驚きでした。

外に出ると、ガーデングッズのお店もあって面白い。

童話に出てくるみんなが・・・いた。(笑)

イギリスの昔話を今一度読み返したい気分。

お庭と言ってもイギリス式の庭ではなく、ホリデー気分になれるような雰囲気を提案してくれるお店もありました。

こんな雰囲気だったら毎日がホリデー!いいないいな〜〜!

このチェルシーフラワーショーはお庭のコンテストもあります。

こちらは海底をイメージした庭。

よく見ると熱帯魚が透明ガラスの中で泳いでいるんです。

 

どのお庭も個性的。

それぞれの創意工夫が感じられました。

素敵だな〜〜!

ガーデン家具のお店にはすぐにみなさんがイメージしやすいようなディスプレイで誘惑中。

こんな方かなお花をお庭のテーブルに生けて見たいけど一体いくらかかってしまうのか。(苦笑)

そう思うとこんなサイズのナチュラルブーケに心惹かれます。