イギリス

インテリア雑誌に出てきそうな朝食

 

関連記事はこちらです。

・Bradford-on-Avon  Timbrell’s Yardへ

Bradford-on-Avon  町散歩

進化しているイギリス料理を美味しく楽しく頂きます!

 

ホテルの朝食はとっても美味しい!

美味しいだけではなく私が宿泊したTimbrell’s Yardの朝食は雰囲気もまるで雑誌の中。

 

センスの良い家具や食器に囲まれて最高の朝を迎えました。

カントリースタイルのビュッフェです。

ヨーグルトもこんな素朴な木のテーブルの上にエレガントなトレイの上にディスプレイ。

このミスマッチも計算づくめなのでしょう。

絵になる洋梨です。

イギリスでは1年中洋梨が手に入ります。

形もフォトジェニック!

そこにあるだけでおしゃれ度がアップ!

木目も木の種類によって随分印象が変わります。

この素朴な感じがおしゃれ。

よく見るとこの大きなビュッフェのテーブルはドアを再利用していました。

え??すごい発想!(笑)

 

ジャムやバターも揃っていない食器なのになぜか統一感を醸し出しています。

手作りのジャムはとても美味しくてパンをついつい食べ過ぎちゃいます。

器の置き方もさりげなく。

無造作に置いてあるのですがすごく素敵に見えますね。

この器はStonecast。

レストランやホテルなどで使われています。

とても丈夫だと伺っています。

 

初日の朝は、やっぱりイングリッシュブレックファーストに決定です!

盛りつけ方がちょっといつもの感じとは違ってとっても斬新で美しい。

ベーコンの下にひっそりと隠れていたのはバブルアンドスクウィークというイギリス料理。

あまり知られていませんが残り物で作られたというリメイク料理です。

ジャガイモ(マッシュや、ロースト)やニンジンやキャベツなど残り野菜をフライパンで焼くお料理。

ぜひレシピも今後紹介したいと思います。

 

カプチーノを頼みましたが、こんなところに可愛いラスト。

ちょっとしたサプライズに嬉しくなっちゃいますね。

 

お腹もいっぱい!

イギリスカントリーをたのしもう!

美味しいものを食べて元気にお出かけで〜す!