テーブルコーディネート

ウイリアムモリスででカジュアルにおもてなし 

先週は前に住んでいた家の前のご夫婦が遊びに来てくれました。

ご近所さんだった頃は本当に色々よくしていただいて、引っ越すときに一番寂しかったことの一つでしょう。

でも同じサリー州にいるし、また会える〜と、思いながらあっという間に4年の月日。(苦笑)

とは言っても去年は遊びに行かせていただき楽しい時間は過ごせました!

 

ご夫婦は鳥が大好きで、自然をこよなく愛するお二人です。

そんなことで、ウイリアムモリスの定番柄のウィローボウのテーブルクロスを使いました。

 

今回は自然の中にいるような空間をイメージして木目調のテーブルマットを使いました。

カジュアルな木目調のマットとエレガントなウイリアムモリス?と思いましたが、ちょっと並べてみたら、思うほどミスマッチではない。(笑)

 

完璧エレガントではなく、ちょっとシャビーシックっぽくていいかも。

 

ちょっとお庭をイメージしてランタンも置いてみます。

錆び付いたジョーロとバラ。

これぞシャビーシック小物です。

こうしたスタイルなら気張らずにちょっとやってみようかな〜とできちゃいます。

ナプキンとお花を一緒に花束のように見立ててデコレーション。

オリーブとローストピーナツ、モッツァレラチーズとドライトマトのオイル漬け。

乾杯ドリンクのおつまみにしました。

チーズ味のスナックもやめられないとまらない美味しさです。

ちょっと年上のゲストなので揚げ物はそうかな・・・と悩みましたが、サイズを小さめにして鶏肉もヘルシーな胸肉であっさりと作った鶏の竜田揚げチリソース。

メインはシーフードクリーム煮とバターライスと茹でたインゲンとブロッコリー。

たっぷりのまいたけでコクのある味わいです。

クリームの中に醤油を加えて洋風と和風のミックス。

チーズもイギリスではおもてなしに欠かせません、

この日はコンテとクリーミーでかなり個性的なチーズ、そして羊のチーズの3点盛り。

薄めのクラッカーと市販の紫玉ねぎのチャツネを添えて。

ぶどうも箸休め?にいい感じなんです。(笑)

締めはレモンタルトです!

さっぱりした味わいでお腹一杯でも食べられます。

積もる話もいっぱいあってあっという間に時間が来てしまいました。

次回は夏に遊びに行く約束をしてSEE YOU SOON!

親戚のように温かいお二人を見送って本当に幸せを感じた夜でした。