旅行

ブダペスト旅行記 リスト・フェレンツ記念博物館へ 

私の大好きな作曲家リストの博物館へ。

FRANZ LISZT MEMORIAL MUSEUM AND RESEARCH CENTRE
住所 : 1064 Budapest, Vorosmarty utca 3
電話: (+36 1) 322-9804

階段を上がっていくと・・・

ここが博物館の入り口です!

リストはハンガリーの生んだ偉大な音楽家。
有名な「愛の夢」はやっぱりロマンティックですてきな曲だな〜と思います。
もちろんその他の曲も好きです。

リストの生活や音楽活動がこの博物館に凝縮されています。

ピアノの魔術師と呼ばれるほどの技巧を持つピアニスト。
確かに音楽を聴いているとまるで連弾、2台のピアノで演奏されている?と、思うほど美しい旋律が複雑に絡みあいます。そこがまたロマンティックな旋律を生み出すのでしょうね。
リストは恋の数もいくつかあるようですが、あのロマンティックな曲からもちょっと納得です。

若い時から成功している彼は音楽会の花形。

入り口を入り左手の奥に進むと楽器や演奏会に関する資料などがあります。

入り口を入り左手の奥のほうにはリストや家族に関するものの紹介が。

これは実際に使われたものではないのですが、忠実に作ったリストのベット。

この小さなサイズに驚きです。

リストはこのお部屋を実際に使って生活していたそうです。
書斎もこじんまりでとっても素敵です。

実際に使われた食器やカトラリーも。
品が良くエレガント。
この上にどんなお料理は盛り付けられたのだろう。と
思うとこの時代の料理にも興味が湧きます。(笑)

まだ、リストがこの博物館にいてもおかしくないと思えるほど彼のいろいろなこと身近に学んで感じられる博物館でした。
この博物館は日本語の音声ガイドもあるのでとてもわかりやすく説明を聞くことができます。

私の旅とは学びの時間。
こうしてまたリストという作曲家の生涯の一部を見ることができてとても充実した時間になりました。

このあとはTerror Háza Múzeumというところへ行きました。

場所: Budapest, Andrássy út 60, 1062 ハンガリー

電話: +36 1 374 2600

第二次世界大戦以降の共産主義時代の出来事を知ることができます。
実際に悲しい出来事があったリアルな場所も建物の中にあり、涙なしでは見られませんでした。
今は観光客で賑わうブダペストですが、遠くない過去には悲しい歴史があります。 だからこそ、平和、自由に感謝しなければと思った時間になりました。
残念ながら日本語の音声ガイドはありません。もし行かれる場合は少し調べてからだともっとこの博物館への理解が深まります。